忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
サッカー、ガンバ、ゲーム、マンガ、アニメ、お笑い、何でもござれの雲隠れの日々。 Since 2006-12-21。 相互リンク大歓迎!
Tシャツ
最新コメント
[08/14 rgrefraipz]
[12/10 stepmonrin]
[12/04 stepmonrin]
[08/18 やりこみ動画CX]
[05/21 Tako]
チェック!PS3
チェック!サッカー
チェック!マンガ
注目!
ディズニー ストア

未経験からプロを目指すなら!《バンタンデザイン研究所》

BrushUP学び

【自宅が塾になる!】スポーツ少年の勉強もこれで安心♪

不動産相談ならハイアークラブ

‘@ホスティング

アニメキャラクターグッズ

サイパン旅行ナビ

脚やせ

ダック引越センター

手作り時計専門店 JHA online store

血液検査キットで自宅検診

‘@光ファイバー

プロバイダー7

格安ホームページ作成ならCMSpro! 申込・問合せ

ハッピーブライド
口臭 予防

家計の見直し

結婚紹介

土地活用

ネオラインキャピタル

筒井美佐男本舗
転職情報はDODA

脂肪吸引なら【Body Design for MEN】

グアム旅行ナビ

オンラインゲーム

バイク買取専門店バイクワン

ネット証券

パートタイム
フリー
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


真夜中にはできません(汗)。


PS3『サイレン:ニュートランスレーション』


PLAYSTATION Storeで『SIREN: New Translation』無料体験版が配信されてます。怖い系、きましたね。


期待度:★★★★★★★★☆☆

日本の鉱山を舞台にしたホラーアドベンチャーです。屍人たちから逃げたり、倒したり、謎を解いたりしながら進めていくゲームですね。


チュートリアルっぽい序盤のストーリーが楽しめます。日本が舞台ですが、霊的な恐怖じゃなくてゾンビ的な怖さです。少しやった印象では、バイオハザードなどよりアクションが抑えめですが、その分頭を使いそうなかんじです。個人的にはその方が好きですね。

で、感想は・・・、怖いッスねぇ。というよりドキドキする。ちょっと視界が悪いので操作しにくいですが、それが逆に恐怖を煽ってきます。屍人には鉄パイプや、銃などの武器で攻撃。素手だとボコボコにやられます(笑)。戦いというより、どうやって逃げるかがポイント。しゃがんで進んだり、屍人が入ってこないようにドアを抑えたり・・・。なかなか面白かったです♪

不満を挙げるとすると、コントローラを振ったり傾けたりすることがあるんですが、イマイチ感覚がつかめないってことですか。屍人のCGをもう少し頑張ってほしかったりして・・・(笑)。



製品版の発売日は7月24日の予定。真夏をこのゲームで涼んじゃおうってことですね。


拍手


まだ先だなぁ・・・。



SIREN PlayStation 2 ...
ソニー・コンピュータエンタテインメント
PR
Comment
「食人族」

なかなか面白いブログでしたよw
結構、恐怖話は大好きですw 途中まで怖すぎでしたw
食人が日本に存在したとわw
昔、映画「食人族」を見て かなりのグロさに嘔吐寸前だったのを
思い出したw でも、実際に飛行機事故であまりの空腹に耐え切れず
他の人の遺体の肉を食べて助かった人もいたらしいからね???。
人の肉って一番 うまい! らしいよ???。
最後のオチがなければよかったのに???^^
>http://tinyurl.com/3e37bh
小川範子 2008/04/29(Tue)12:14:55 編集
Re:「食人族」
コメントありがとうございます。
なかなか怖いゲームでしたよ。
買ってやってみたいですね
byりぐ
2008/04/30 13:40
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
≪  804  803  802  801  799  798  797  796  795  793  791  ≫
HOME
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
りぐ
性別:
男性
カテゴリー
アーカイブ
Jリーグのトラックバック
ガンバのトラックバック
忍者ブログ [PR]